オアシスクラブメンバー様をイメージしたストーリーです。
実際にこのような休日を過ごされている会員様も多くいらっしゃいます。
ご入会後のご自身のリゾートライフをイメージしながら、読み物としてお楽しみください。

CASE #02家族三世代 in 伊豆

 鈴木さんご夫妻は孫が大好き。しかし子育てを終えたおふたりは東京郊外の一軒家を売ってしまい、現在はコンパクトな都会のマンション暮らし。そのライフスタイル自体には満足しているものの、娘一家を泊まらせることができるスペースがないことを残念に思っていました。名古屋在住の娘さんご夫婦の社宅も二人が気兼ねなく滞在できるほど広くはなく、交通の便もあまり良くはない。
 そこで選んだのがセラヴィリゾート泉郷のリゾート会員権「オアシスクラブ【ファミリア会員】」に入会すること。ファミリア会員は60歳以上の方が入会できるリゾートクラブで、ご本人のほかにもうお一人会員となることができます。ご夫婦のうち、もうお一方やご兄弟を「もう一人」に選ばれる方も多いのですが、鈴木さんは娘の愛さんを「もう一人」にご指名。まだ先のことではありますが、娘に遺してあげるもののひとつとして考えた結果とのことです。
 セラヴィリゾート泉郷の施設は東京圏と名古屋圏の間に位置するものが多く、鈴木さんご一家、高橋さんご一家どちらかに移動の負担が偏ることがありません。コテージやコンドミニアムのような特徴ある施設もあるので、ライフステージやその時の気分に合った様々なニーズにも応えられます。このことも鈴木さんが「オアシスクラブ」を選んだ理由の一つです。
 さっそく当社施設のうちの一つ、ホテルアンビエント伊豆高原で休日を過した6名の様子を覗いて見ましょう。

鈴木さんご夫婦、高橋さんご夫婦

鈴木さんご夫婦(東京都在住)
稔さん(65歳)、和子さん(65歳)
高橋さんご夫婦(名古屋市在住)
大輔さん(34歳)、愛さん(33歳)、
悠真くん(5歳)、陽菜ちゃん(3歳)

前日からホテルアンビエント
伊豆高原へ

 高橋さん夫妻は余裕を持って娘たちの到着の前日から伊豆高原へ。ホテル敷地内を散歩したり、ふたりゆっくり食事をとったり、明日からの楽しくて慌しいひと時を待ち遠しく思いながら過ごします。リタイアしたおふたりは、実はこうして平日のリゾート地でのんびり過ごすことがしばしばあります。稔さんに言わせれば「平日のリゾート地こそ本当のリゾート地」。
 夜には送迎バスに乗ってぐらんぱる公園へ。手を繋ぎながらイルミネーションを楽しむ仲良しご夫婦です。

01都心から車で約3時間半「ホテルアンビエント伊豆高原」。

02期間限定イベント「ぐらんぱる公園」のイルミネーション。

01:都心から車で約3時間半「ホテルアンビエント伊豆高原」。

02:期間限定イベント「ぐらんぱる公園」のイルミネーション。

高橋さん一家到着

01ホテルで大好きな祖父母に会えて、孫たちは大喜び。

 娘さんご夫妻とともに、待ちに待ったかわいい孫たちも登場。大好きな祖父母に会えた嬉しさを全力で表現する孫二人に、鈴木さんご夫妻も満面の笑み。

 賑やかな時間が始まりました。初日の夕食は部屋でのびのびケータリング。運び込まれた上質な素材を使って簡単に料理。楽しくて興奮しどおしの孫二人が多少騒いでも、レストランと違って周りを気にする必要がありません。もちろん食器洗いの手間もありません。大家族のように一緒に楽しく過ごす。そのためにすべての時間を有意義に使うことができます。

02三世代家族でものんびり過ごせるキッチン付きの広いお部屋をチョイス。

03お部屋で夕食をとると、まるで家で過ごしているかのように気兼ねなく楽しめます。

01:ホテルで大好きな祖父母に会えて、孫たちは大喜び。

02:三世代家族でものんびり過ごせるキッチン付きの広いお部屋をチョイス。

03:お部屋で夕食をとると、まるで家で過ごしているかのように気兼ねなく楽しめます。

子育てから離れて

 高橋さんご夫妻は翌日、父母にお子さんたちを預けて近所のレストランでデート。久しぶりの二人の時間。これからはこういう時間も年に何度か作れそうだ、と恋人に戻ったように感じるお二人。地元の食材がふんだんに使われた味も見た目も絶品のイタリアンを食べながら昼間からほろ酔いに。楽しい会話は止まりません。

01夫婦ふたりの時間がとれるのも、三世代家族旅行の醍醐味。

02ホテルから歩いていけるイタリアンレストラン「ミラコロ」のお料理。

03孫達の楽しむ姿に、鈴木さんご夫妻も笑顔がこぼれます。

01:夫婦ふたりの時間がとれるのも、三世代家族旅行の醍醐味。

02:ホテルから歩いていけるイタリアンレストラン「ミラコロ」のお料理。

03:孫達の楽しむ姿に、鈴木さんご夫妻も笑顔がこぼれます。

その頃4人は…

 鈴木さんご夫妻も孫との時間を満喫しています。ホテルの庭で鯉に餌をあげるだけで大興奮の孫を見て、ご夫妻も満面の笑みに。4人の幸せな笑い声がホテル全体を明るくしてくれます。

大人数で食べる食事は
一層美味

 セラヴィリゾート泉郷が運営する施設は、どこもお料理が自慢です。経験を積み重ねた感性豊かな料理長が、それぞれの地域の食材を活かして評価の高い料理をご提供します。ここホテルアンビエント伊豆高原でも和食と洋食のコース料理を召し上がっていただけます。もちろん、お子様向けメニューもご用意いたします。
 ご提供した料理、鈴木さんご夫妻にもご満足いただけたようです。

01大人気のお子様向けメニュー

02孫たちとの夕食は美味しく、楽しいひと時。

01:大人気のお子様向けメニュー

02:孫たちとの夕食は美味しく、楽しいひと時。

「自分たちらしい生き方」
の実現へ

「自分たちらしい生き方」の実現へ

 鈴木さんご夫妻は都会での暮らしを満喫されています。それは年に数度の大家族旅行と、もう少し頻度の高いご夫妻でのリゾート旅行を実現しているからでもあるようです。文化と商業の中心にいると少し疲れることもあります。疲れる前にセラヴィリゾート泉郷のリゾート施設で自然に包まれる、大切な人たちとゆっくり過ごして自分を見つめなおす、そんな生き方がおふたりのライフスタイルに合っているようです。
 これからも当社は、リゾートライフのご提供というかたちで鈴木さんご夫妻のような、「自分たちらしい生き方」の実現を永く支えてまいります。

こちらから先は
会員様専用サイトとなります。

実際に会員様に提供している本物の情報をご覧頂けます。
ぜひ、ご入会後のイメージを膨らませてみてください。
なお、ログインした会員様のみご利用可能な
機能・コンテンツもございますので予めご了承ください

  • OK
  • CLOSE